子宮頸癌【看護師サポートナビ】

子宮頸がん手術後の一般的な経過

子宮頸がんの治療では、外科手術が主流です。

 

そして、手術によって子宮全的手術が行われた場合などは、
後遺症や障害に悩む女性が少なくありません。

 

また、子宮頸がんは、比較的若い年齢で発症することが多く、
病気や治療の後遺症だけでなく、
副作用、性や妊娠・出産、家族や夫婦関係のことなど
精神的に悩む女性も多いです。

 

看護師は、術後の経過をしっかり観察し、
適切なケアをしていくことが必要です。

 

子宮頸がんの手術を受けた後の経過については、
術式や患者さんの年齢や気力など、
それぞれによって差はありますが、
ここでは、一般的な経過について紹介してみます。

 

処置(排泄)

 

・酸素吸入(手術当日術後)
・輸液(手術当日術後から手術後3日目或いは4日目)
・硬膜外麻酔(こうまくがいますい/手術当日術後から手術後3日目或いは4日目)
・ドレーン(手術当日術後・手術後1日目から手術後3日目までに抜去)
・膀胱留置カテーテル(手術当日術後から手術後3日目或いは4日目)
・フットポンプ装置(手術後1日目に除去)

 

活動

 

・体位変換(手術当日術後)
・歩行練習(手術後1日目から)
・室内歩行可(手術後2日目から)
・病棟内歩行可(手術後3日目から)
・病院内歩行可(手術後8日目から退院日まで)

 

清潔

 

・介助清拭(手術後1日目)
・自己清拭(手術後2日目から)
・シャワー可能(手術後4日目から退院後外来日)

 

栄養

 

・絶飲食(手術後1日目)
・絶食、医師の許可があれば水分可(手術後1日目)
・5分粥食(手術後2日目)
・全粥食(手術後3日目)
・普通食(手術後4日目から)